ご利用の流れ

①まずは、お問い合わせください

ホームページのお問い合わせフォーム、またはお電話でお気軽にお問い合わせください。

お見積もりは無料です。

お問い合わせは下のボタンをクリックしてください。

お問い合わせ

②初回打ち合わせ

一度打合せを行い、お客様のご要望や予算、理想のおうち・家具のイメージをお伝え頂きます。

あらかじめ、どんなお家にしたいかなどをイメージしておいて頂くとスムーズです。

③プラン提案

打合せをもとに、こちらで設計をし、図面提出とともにプランの提案を致します。ここのプラン提案の回数や打合せはお客様によって異なります。

お客様のご要望に合わせた最適なご提案をさせていただきます。

④見積もり提出

プランが決まると、見積を作成するようになります。予算にあった家づくり・家具づくりをしていきます。※家具の場合、金額が確定したらここで製作に入ります。

相見積もりも歓迎です。

④ご契約

金額が決定したら、請負契約を行います。
同時に、確認申請や瑕疵担保などの申請もこちらで同時進行で進めていきます。

契約内容をよくご確認ください。

⑤地鎮祭

工事を始めるにあたり、土地を守っている神様に家を建てる承諾を頂く儀式になります。同時に工事の安全を祈願する意味も込めて、地鎮祭を行います。

地鎮祭は、新しくその土地に建物を建築すること、そしてそこに住むことを神様に報告することで、安全・安心に暮らしていけるよう願う儀式です。

⑥着工

工事を着工します。
経過途中で検査など行いながら、お客様と現地打合せや、おうちの細かい仕様や色決めなどを決めていきます。

近隣の方への挨拶もきちんと行います。

⑦上棟(上棟式)

柱・梁など、建物の基本構造が完成すると、家の最上部の「棟木」と言う部材を取り付けます。工事が無事に進んだことへの感謝と、これからの工事も無事行えるよう祈願します。

木造住宅の建築工事では、最後に屋根の上部に木材を架け、柱・梁・屋根といった家の骨組みになる部分の工程が完了します。この最後に組む木材が「棟木」と呼ばれているため、骨組みを最後まで作りあげることを「棟上げ(むねあげ)」と呼びます。

⑧竣工

工事の完了です。お客様のご厚意により、完成見学会などを開催することもあります。

竣工とは、建物の建築工事が完了すること。不動産関係で使われる住宅・建築用語です。住宅建築は竣工を迎えると、いくつかの検査をし、問題なければ施主(建築を依頼した人)に引き渡しされます。

⑨お引渡し

住宅のお引渡しとなります。この時に鍵のお渡しや、設備などの使い方を説明して完了となります。

疑問点や相違点があれば遠慮無くお申し付けください。後日決済を行い、残金のお支払いが全て完了し、お引き渡しとなります。

⑩アフターフォロー

お引渡し後も、お客様が安心に快適に暮らせるよう、サポートして参ります。
お困りごとなどあればお気軽にご相談ください。

お引き渡しをしてから本当のお付き合いが始まります。末永いお付き合い宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

CONTACT

Scroll to Top